水分を保つ

メイクをする女性

妊娠線予防のための保湿ケア

妊娠すると驚くほどお腹が大きくなります。人によっては腹囲が100センチを超えることもあります。それだけお腹の皮が伸びているのに、何もケアをしないと妊娠線ができてしまいます。妊娠線は予防さえしておけば出来ないものです。朝晩毎日、たっぷりと保湿ケアを行う事で妊娠線の予防ができます。 妊娠線予防には、保湿クリームや保湿オイルがあります。美容皮膚科が開発したもの、化粧品会社が開発したものなど様々です。自分の肌に合ったものを選ぶことが一番ですが、妊娠中は肌が敏感になっている場合があります。そのため肌に優しい無着色・無添加といった肌に刺激を与えない成分で作られているクリームやオイルを選ぶようにすると良いでしょう。

保湿クリームの相場について

保湿クリームの相場は、100グラム3,000円程度の商品が多く一番人気があります。妊娠線予防クリームはお腹が大きくなる前から塗っておくと効果的であるため妊娠3・4ヶ月頃から塗り始めます。できるだけたっぷりと塗ることが大切なので出産まで半年以上使う事から、お手頃価格で高品質な商品が売れ筋です。無添加無着色無香料の商品や、赤ちゃんも使用できるほど低刺激のクリーム、少量で保湿力が高い商品が人気です。またベタベタしすぎず伸びが良い点も好評価となっています。 医師や助産師、美容皮膚科が共同開発した商品などもあります。自分の肌に合ったコストパフォーマンスが高い妊娠線予防クリームが一番良いので、サンプルを利用して合う商品を探すことをおススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加